DHA&EPAの健康効果と効率的な摂取方法

どんな栄養なの?
DHA

ドコサヘキサエン酸を略してDHAと言います。青魚に豊富に含まれている不飽和脂肪酸の1種です。主に脳への作用があり、記憶力や集中力を高める効果やアルツハイマーを予防する効果などが期待されています。

EPA

エイコサペンタエン酸を略してEPAと言います。青魚に含まれている不飽和脂肪酸の1種です。主に血液への作用があり、血液をサラサラにする効果や血管を健康に保つ効果などが期待されています。

DHA&EPAの健康効果
DHA
記憶力や集中力の向上効果

DHAは脳の神経細胞を活性化させる事が出来るもので、脳の機能をキープするのに役立ちます。

記憶力や集中力というのは、神経細胞が活発に働くことで向上していきますので、DHAが不足しているとそれだけ集中も出来なくなっていくと言うことになります。ですから、DHAを補っていくことで記憶力や集中力がアップするという効果を得る事ができます。

アルツハイマーの予防効果

アルツハイマー型認知症という病気がとても増えていますが、これは脳の神経細胞が死滅していくことで引き起こされるものです。DHAは神経細胞を修復する力がありますので、アルツハイマーの予防や既に症状が出ている人への軽減効果などが期待されています。

EPA
コレステロールへの効果

EPAは体内で善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを減少させる働きをしてくれます。悪玉コレステロールが増えすぎると血液がドロドロになっていき、心筋梗塞などの病気を招くことになります。

生活習慣病を未然に防ぐこともできますので、とても健康効果が高いと言えるでしょう。

DHA&EPAの効率的な摂取方法
魚から摂取する

DHAとEPAは青魚にたくさん含まれている成分なのですが、熱や酸に弱い性質を持っているので、青魚を加熱調理すると有効成分が半分以上無くなってしまいます。ですから、出来れば刺身などで生のまま食べる事をお勧めします。

イワシ・アジ・サンマ・サバなどに豊富に含まれていますので、積極的に食べて行きましょう。どうしても生では無理だと言う場合には、水煮の缶詰がお勧めです!魚から出てきた栄養成分も缶詰には汁としてしっかり残っているので、家庭で加熱調理するよりは有効成分を多く摂取できます。

もしも家庭で調理して摂取したいのであれば、鍋や煮魚などにして汁も一緒に飲めるようにすると流れ出したDHAやEPAを摂取することができます。生での摂取が難しいと言う場合には是非試してみてください。

サプリメントから摂取する

魚が苦手だと言う場合や、食事では摂取出来なかったと言う場合にはサプリメントでDHAやEPAを補ってみましょう。食事で十分摂取出来ている場合に、サプリメントを摂取するのは意味が無いのでやめましょう。

あくまでも、食事では補えきれない部分をサプリメントで摂取するのが基本です。サプリメントを選ぶときには、DHAやEPAが1日にどのくらい摂取出来るのか?という部分をチェックしておきましょう。あまりにも安いサプリメントの場合には、摂取できる量が極めて低い場合があります。効率よく摂取するには1日にしっかりと必要量が摂取できるものが好ましいでしょう。

摂取量の目安

DHAとEPAは1日に1g以上を摂取することが勧められています。18歳以上の男女ともに共通する摂取量となりますので、目安にしてみてください。