寿命が延びる遺伝子!サーチュイン遺伝子とは

サーチュイン遺伝子というとても優れた長寿遺伝子の事をご存じでしょうか?人間の体の中には長寿遺伝子という老化を抑制し、寿命を延ばしてくれるという遺伝子が組み込まれています。この遺伝子をサーチュインと呼ぶのです。

寿命が延びるなら、みんな既に延びているのでは?と思われるかもしれませんが、実はそうではないのです。人間ならばみんなが持っているサーチュイン遺伝子ですが、多くの場合はその力が発揮されないまま終わっていくという事が分かったのです。

では、サーチュイン遺伝子を活動させることができれば、寿命が延びるのではないか?そして老化の抑制に効果が出てくるのではないか?ということで、今現在多くの人々がサーチュイン遺伝子の活性化に対する研究をしているのです。

今のところ分かっていることは、カロリーを制限して空腹状態を増やすと事と、レスベラトロールというポリフェノールの1種を摂取するという事の2つがサーチュイン遺伝子を活発にすると言われています。具体的にどういった事なのか下記で詳しく説明していきましょう。

カロリー制限で空腹状態キープ

一般的に必要だと言われているカロリーのうち70%までしか摂取しないようにして、その状態を7週間以上継続することでサーチュイン遺伝子を活発にすることが出来ると言います。途中で辞めてしまうとその効果は無意味になってしまいますので、注意が必要です。

この方法は空腹状態をキープするという事で、空腹状態になると老化の原因となるミトコンドリアが弱まる事を防げると言います。

レスベラトロールの摂取

レスベラトロールはサプリメントで摂取することもできますので、手軽に摂取可能となっています。とても強い抗酸化作用があり、サーチュイン遺伝子を活発にする作用があります。こちらの方法を選択すれば、カロリー制限をする事もないのでどちらかというと、レスベラトロールを摂取する方がお勧めです。

このように、サーチュイン遺伝子を活発にしなければ老化抑制効果や寿命が延びる効果が出てこないので十分に理解していただきたいと思います。