DHA&EPAの健康効果と効率的な摂取方法

どんな栄養なの?
DHA

ドコサヘキサエン酸を略してDHAと言います。青魚に豊富に含まれている不飽和脂肪酸の1種です。主に脳への作用があり、記憶力や集中力を高める効果やアルツハイマーを予防する効果などが期待されています。

EPA

エイコサペンタエン酸を略してEPAと言います。青魚に含まれている不飽和脂肪酸の1種です。主に血液への作用があり、血液をサラサラにする効果や血管を健康に保つ効果などが期待されています。

DHA&EPAの健康効果
DHA
記憶力や集中力の向上効果

DHAは脳の神経細胞を活性化させる事が出来るもので、脳の機能をキープするのに役立ちます。

記憶力や集中力というのは、神経細胞が活発に働くことで向上していきますので、DHAが不足しているとそれだけ集中も出来なくなっていくと言うことになります。ですから、DHAを補っていくことで記憶力や集中力がアップするという効果を得る事ができます。

アルツハイマーの予防効果

アルツハイマー型認知症という病気がとても増えていますが、これは脳の神経細胞が死滅していくことで引き起こされるものです。DHAは神経細胞を修復する力がありますので、アルツハイマーの予防や既に症状が出ている人への軽減効果などが期待されています。

EPA
コレステロールへの効果

EPAは体内で善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを減少させる働きをしてくれます。悪玉コレステロールが増えすぎると血液がドロドロになっていき、心筋梗塞などの病気を招くことになります。

生活習慣病を未然に防ぐこともできますので、とても健康効果が高いと言えるでしょう。

DHA&EPAの効率的な摂取方法
魚から摂取する

DHAとEPAは青魚にたくさん含まれている成分なのですが、熱や酸に弱い性質を持っているので、青魚を加熱調理すると有効成分が半分以上無くなってしまいます。ですから、出来れば刺身などで生のまま食べる事をお勧めします。

イワシ・アジ・サンマ・サバなどに豊富に含まれていますので、積極的に食べて行きましょう。どうしても生では無理だと言う場合には、水煮の缶詰がお勧めです!魚から出てきた栄養成分も缶詰には汁としてしっかり残っているので、家庭で加熱調理するよりは有効成分を多く摂取できます。

もしも家庭で調理して摂取したいのであれば、鍋や煮魚などにして汁も一緒に飲めるようにすると流れ出したDHAやEPAを摂取することができます。生での摂取が難しいと言う場合には是非試してみてください。

サプリメントから摂取する

魚が苦手だと言う場合や、食事では摂取出来なかったと言う場合にはサプリメントでDHAやEPAを補ってみましょう。食事で十分摂取出来ている場合に、サプリメントを摂取するのは意味が無いのでやめましょう。

あくまでも、食事では補えきれない部分をサプリメントで摂取するのが基本です。サプリメントを選ぶときには、DHAやEPAが1日にどのくらい摂取出来るのか?という部分をチェックしておきましょう。あまりにも安いサプリメントの場合には、摂取できる量が極めて低い場合があります。効率よく摂取するには1日にしっかりと必要量が摂取できるものが好ましいでしょう。

摂取量の目安

DHAとEPAは1日に1g以上を摂取することが勧められています。18歳以上の男女ともに共通する摂取量となりますので、目安にしてみてください。

健康効果バツグン!ゴマの栄養成分と摂取方法について

ゴマと言うと料理にアクセントをつけるために使用するのが一般的で、風味も良いのでドレッシングにも活用されています。ゴマを使って味付けをする料理もたくさんありますが、ゴマをメインとした料理というのはなかなか難しいものがあります。

ゴマにはとても豊富な栄養成分が含まれている事から、健康に対しての効果が大きく期待できるとされています。ただ、ゴマというのは1粒がとても小さく大量に摂取するのが難しいものでもあります。

そこで、ゴマの栄養成分と健康効果についてご紹介していきたいと思います。またどのようにゴマを摂取すればいいのか、効率的な摂取方法についてもお話をしていきましょう。

ゴマの栄養成分
  • カルシウム
  • ビタミンB1
  • 食物繊維
  • 鉄分
  • セサミン
  • セサミノール
  • セサモール
  • 不飽和脂肪酸
ゴマの健康効果
食物繊維で便秘の予防や解消

ゴマには食物繊維(不溶性食物繊維)が含まれています。腸内で水分を吸収して膨らむ性質を持っている不溶性食物繊維なので、腸を刺激する作用があります。腸で膨らんでいく食物繊維が腸を刺激して、便通をスムーズにしてくれることで便秘の予防や解消に効果が期待できます。

カルシウムでイライラの解消

ゴマに含まれるカルシウムはとても豊富な量となっていますので、カルシウムが不足してイライラしがちな人にはもってこいなのです。もちろんカルシウムは骨や歯の健康維持にも効果的な成分なので、イライラ解消とともに骨や歯の健康もキープしていく事ができます。

不飽和脂肪酸でコレステロール撃退

ゴマには不飽和脂肪酸という善玉の脂肪酸が豊富に含まれています。不飽和脂肪酸はコレステロールを溶解してくれる作用がありますので、体内の不要なコレステロールを撃退することができます。この作用によって血管内を健康に保つ事ができますので、動脈硬化などの予防にも繋がります。

セサミンで肝機能アップ

セサミンは肝臓に対して直接的に作用してくれる成分として注目されています。アルコールを摂取すると、肝臓で分解するという作業が行われますがセサミンはこの作業をサポートする力を持っています。

さらに二日酔いや悪酔いしないように肝臓機能をアップして、肝臓自体の負担を軽減してあげる作用もあります。肝臓を酷使している人にはとても心強い効果をもったセサミンなのです。

ゴマの栄養素を摂取するには?

多くの健康効果があるゴマですが、その栄養成分をたっぷりと摂取しようとすると、ゴマを何百粒食べればいいのか分かりません。そこで、効率よくゴマに含まれる栄養素を摂取するにはゴマのサプリメントを活用するといいでしょう。

様々なメーカーからゴマのサプリメントが販売されていますので、形状や1日の摂取量などを見比べてみて、継続できそうなものを選ぶといいでしょう。

サプリメントの賢い選び方!

ゴマのサプリメントを購入するときには、ゴマに含まれている栄養成分の中で自分が欲しいものがしっかりと配合されているのかどうかをチェックしましょう。そして1日にどのくらいの量が摂取できるのかを比較していきます。

安価なサプリメントの場合、栄養成分の含有量が極めて少ないという事もありますので注意してください。逆に高価なものだからと言って含有量が多いかというと、そこもしっかりとチェックをしてみないと分かりません。

ですから、価格に見合った内容なのかどうか?欲しい栄養素がしっかり配合されているかどうか?という点をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

寿命が延びる遺伝子!サーチュイン遺伝子とは

サーチュイン遺伝子というとても優れた長寿遺伝子の事をご存じでしょうか?人間の体の中には長寿遺伝子という老化を抑制し、寿命を延ばしてくれるという遺伝子が組み込まれています。この遺伝子をサーチュインと呼ぶのです。

寿命が延びるなら、みんな既に延びているのでは?と思われるかもしれませんが、実はそうではないのです。人間ならばみんなが持っているサーチュイン遺伝子ですが、多くの場合はその力が発揮されないまま終わっていくという事が分かったのです。

では、サーチュイン遺伝子を活動させることができれば、寿命が延びるのではないか?そして老化の抑制に効果が出てくるのではないか?ということで、今現在多くの人々がサーチュイン遺伝子の活性化に対する研究をしているのです。

今のところ分かっていることは、カロリーを制限して空腹状態を増やすと事と、レスベラトロールというポリフェノールの1種を摂取するという事の2つがサーチュイン遺伝子を活発にすると言われています。具体的にどういった事なのか下記で詳しく説明していきましょう。

カロリー制限で空腹状態キープ

一般的に必要だと言われているカロリーのうち70%までしか摂取しないようにして、その状態を7週間以上継続することでサーチュイン遺伝子を活発にすることが出来ると言います。途中で辞めてしまうとその効果は無意味になってしまいますので、注意が必要です。

この方法は空腹状態をキープするという事で、空腹状態になると老化の原因となるミトコンドリアが弱まる事を防げると言います。

レスベラトロールの摂取

レスベラトロールはサプリメントで摂取することもできますので、手軽に摂取可能となっています。とても強い抗酸化作用があり、サーチュイン遺伝子を活発にする作用があります。こちらの方法を選択すれば、カロリー制限をする事もないのでどちらかというと、レスベラトロールを摂取する方がお勧めです。

このように、サーチュイン遺伝子を活発にしなければ老化抑制効果や寿命が延びる効果が出てこないので十分に理解していただきたいと思います。

今さら聞けないローフードの基本

最近よくローフードという言葉を耳にしませんか?一体ローフードって何なんだろう?と思っている人は意外と少なくありません。知ったかぶっている人も中にはいるかもしれませんので、この機会にローフードについてちょっとばかり勉強してみませんか?

ローフードの意味

ロー(Raw)というのは「生の」という意味で、フード(Food)は「食べ物」という意味なので「生の食べ物」の事を指します。つまり、生で食べることでその素材の酵素と栄養成分をしっかりと吸収することが出来ますよ!という意味なのです。

ローフードがなぜいいのか?

人間というのは食べ物を食べると消化をするものですから、消化酵素が分泌されます。その時にアミラーゼ・ペプシン・リパーゼなどの消化酵素が必要となります。そして代謝酵素という呼吸や血液の働きなど人間が生きるための活動源となる酵素も必要なものとなります。

消化すべきものが多い場合には消化酵素がたくさん必要となるので代謝酵素に回るはずの分がどんどん少なくなってしまいます。すると代謝はどんどん低下していきますので、体の免疫機能は衰えていき、疲れやすく体調不良に陥りやすくなるのです。

ローフードは消化をする為に必要な消化酵素がとても少なくてすむ素材なので、消化酵素も代謝酵素もしっかりと働くことが出来るのです。つまりローフードにしていることで、体の免疫機能などは守られていくということですね。ですからローフードを推奨している人が増えているのです。

ちなみに肉類や加工食品、お菓子などの嗜好品を好んで食べていると消化酵素がとてもたくさん必要になってしまいます。こういった食生活は消化酵素の無駄遣いとも言えますので、改める必要があるのです。全てをローフードにするという事ではないのですが、ローフードを取りいれてみると言う形で始めてみると、消化酵素を大事に活用することが出来るのではないでしょうか。

今後の健康維持のためにもローフードを始めるならこの機会がチャンスです!